ファームHFTの取組み

1.Precision Land Management(精密農業)の実践1.Precision Land Management(精密農業)の実践

近年、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリア等では、限られた圃場からより多くの作物を収穫し、かつ効率良く作業をすることで労働力を削減するPrecision Land Management(プレシジョンランドマネジメント=精密農業、以下PLM)が普及しております。その作業を行うための、GPSを利用したガイダンス製品や、自動でハンドル操作を行う自動操舵システムは、既に一般の農家で使用され、現在は作物や圃場を管理するシステムが急速に展開しつつあります。

日本でもこの数年でガイダンス製品や自動操舵システムの導入が始まり、少しずつ普及が進む中、ファームHFTではそれらの製品をはじめ、GPSを活用し精密な農作業を行う最新鋭の作業機、収穫する作物の状態をリアルタイムで測定できるコンバイン、そして圃場を管理するシステムまで、お客様への導入に先駆けて、試験的に活用しております。


  • ▲GPS・自動操舵システム非搭載

  • ▲GPS・自動操舵システム搭載

左の写真は、弊社社員がトラクターを操作して作付けした圃場の写真です。奥の方で作物のラインが曲がっているのに対し、右の写真は、真っ直ぐ作業ができているのがわかります。
これは、GPSと自動操舵システムが搭載されたトラクターを使用し、かつ弊社独自のGPS精度向上システム「RTK PLMコネクト」を使用し、精度を約1.5cmまで向上させた事で生まれた結果です。 このシステムを利用すれば、経験の少ない方でも最小限の技術と労力で精度の良い作業を行う事ができます。
またファームHFTでは、日本ニューホランドで取り扱っている3DR社製のドローン「SOLO」を使用し、通常のカメラ撮影による生育状況の確認をはじめ、現在は近赤外線を使用した特殊なカメラによるより精密な生育状況管理の試験を行っております。



農業後継者の減少が問題となっている昨今、弊社ではPLM製品を普及させ、簡単に作業を行える環境を整えることで、この問題の解決に多少なりとも貢献したいと考えております。
日本ニューホランドでは、上記の作業に使用したPLM製品の他にも、多くの製品を取り扱っております。ファームHFTで実作業を通したテスト運用を行うことで、お客様へ最新の情報を提供すると共に、それぞれの経営規模に合ったPLM製品の提案、設置、アフターサービスを行えるよう努力して参ります。

2.農業を通しての社員の育成2.農業を通しての社員の育成

ファームHFTでは、新入社員研修、営業マン研修、トラクター、高性能大型機械、PLM、作業機の研修など様々な社員研修を、圃場内で実際に機械を使用しながら行っています。

新入社員研修では、農業、農作物の基礎知識の習得をはじめ、トラクターの基本的な操作方法の習得、トラクターと作業機の付け外し方法の習得を目指し、研修を行っています。

営業マン研修では、実際に社員が機械の操作や調整を行うことで、お客様の圃場でのデモンストレーションや納品指導の際に機械の性能を十分に発揮できるよう、研修を行っています。

トラクター、高性能大型機械、PLM、作業機の研修は、社内での研修をはじめ、海外メーカーのトレーナーを招いた研修も行っています。メーカーのトレーナーから機械の細かな特徴や操作方法、他社との違い等の説明を受けるのと同時に、実際の作業を行う事で、機械の特徴や使用方法を、お客様により分かりやすく説明できるよう研修を行っております。

ファームHFTは、このように実際の作業を行う研修を通して、ニューホランド社員が少しでもお客様の気持ちを理解し、それぞれの経営スタイルに合った商品の紹介、機械の性能を十分に発揮するための使用・調整方法を習得するための教育の場となっています。

3.最新農業機械のデモンストレーション3.最新農業機械のデモンストレーション

ファームHFTでは、GPSガイダンスモニターや自動操舵システム等、GPSを使用した最新農業機械のデモンストレーションを行っております。
GPSガイダンスモニターに走行ラインが表示されるため重複作業を防止できる事や、自動操舵システムを使用することで、手放しの状態でも真っ直ぐ走行できる事など、実際にご試乗頂き、その商品の良さを体感していただいております。

4.地域社会への貢献4.地域社会への貢献

ファームHFTは、地域環境の美化を行う植苗美沢地区資源保全会に加入しており、 所有地周辺のゴミ拾いや、のり面の草刈りをはじめ、会員全体で定期的に行う、美沢地区全域のゴミ拾いや草刈り、花壇の設置などにも参加しております。

PAGE TOP